スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝祭 - その起源 :スクワントのアガペーの愛

感謝祭に、ここアメリカでは、七面鳥を食べるということは、最近では日本でも知られるようになったようです。

私はこの国に住むようになってから、この感謝祭の起源について、聞いてはいました。ヨーロッパから信仰の自由を求めてやってきた、自分たちを巡礼者たち(ピルグリム)と呼んだ人たちが、新天地の慣れない環境に生き残りをかけて苦しんでいるとき、スクワントというアメリカインディアンが、この土地での狩りの方法や、食物の収穫の方法などを教え、彼らを助けたと。そして、その最初の収穫をピルグリムとアメリカインディアンがともに喜び祝いあった・・・。

今年私は、教会学校の子供たちに感謝祭の話を読んであげようと、図書館で本を借りてきました。そして知ったことは、、、このピルグリムとアメリカインディアンの話は、ほとんどありえないことが起こった、ということであったということ。それは、スクワントの持っていた、アガペーの愛の話でした。

1600年のはじめ、英国人たちが、北アメリカ大陸に訪れ始めました。ニューイングランドの海岸近くに住み着いていたワンパノアグ族の一族、ポータケットたちの土地に、英国人たちは、銃をたずさえて、彼らとトレードをするように近づき、17人のポータケットたちを拉致しつれ去りました。その中の一人が、スクワントだったのです。
ポータケットたちはスペインに連れていかれ、奴隷として売られました。スクワントはそこで、英国人に買い取られ、ロンドンに連れていかれることになります。そこで彼は英語を覚えました。彼を買い取った男は商船の持ち主でした。その船旅の最後に、スクワントは自分の故郷に戻ることになります。1619年、ポータケットの村に戻ったスクワントは、自分の民族が全滅していることを知ります。家々は骨組みだけになり、村は荒廃していました。ヨーロッパからの疫病によって、ポータケットは全滅したのです。
スクワントは、悲しみにのなか、同じワンパノアグ族のマッサソイに加わります。
1620年の12月、ピルグリムたちが、ポータケットたちの住んでいた場所にたどり着きます。そこは、ポータケットにより既に切り開かれていたため、ピルグリムたちはそこに自分たちのコミュニティを作ることにしました。新天地での生活は、都市で生活をしていたヨーロッパ人たちにとっては、とてつもなく厳しいものでした。102人であったピルグリムは、春が来る頃には、57人に減っていました。そこに、一人の英語を話すアメリカインディアンがやってきます。彼は、マッサソイの大使のサモセットでした。このサモセットが一旦戻って連れてきたのが、スクワント。スクワントは、自分の故郷に、戻ってきました、、、その故郷には、自分の民族を全滅させた、自分を故郷から無理やり連れ去り、奴隷として売り飛ばしたそのヨーロッパ人が、住み着こうとしていました。そして、その自分の民族を滅ぼした敵は、今、瀕死の状態でした。アメリカの地で、生きるすべを知らなかったのです。

あなたが、スクワントなら、どうですか?あなたは、ヨーロッパ人たちに、魚の釣り方や、狩りの仕方、コーンやカボチャの栽培方法などを喜んで教えますか?野イチゴや、食べられる野草など、教えますか?
スクワントには、ピルグリムを助けなくてはいけない義務はなかったのです。
実際、スクワントには、ピルグリムを全く無視して、彼らが飢え死にするのを見過ごすこともできました。むしろ、彼がそうすることを選ぶだけの理由は十分にありました。しかし、スクワントは、ピルグリムを助けることを選んだのです。

わたしなら、もしかしたら、死にそうになっているピルグリムたちを見て、「ざまをみろ!」と言い放ってしまうかもしれません。自分の家族や友人のかつて住んでいたところに、住み着いた人に向かって、「そこには、私の大切な人が住んでいたんだ。そして、おまえがその人を殺したんだ。」と言ってしまうかも。
でも、スクワントは、そうしなかった。

こんなことが、現実にあるって。そして、一人の男の、信じられないほどの愛、が今のアメリカの創始の土台なのです。そして、感謝祭の七面鳥は、このスクワントに代表される、アメリカ原住民、アメリカインディアンの寛容を思い出し、感謝するべきなのに。。アメリカは、原住民たちを迫害し、特別区に追いやりました。そして、本当は、七面鳥を食べるたびに、ある男が、自分の利益を思わず、自分の感情を満たすことを求めず、弱っていた自分たちを助けてくれたことを、思い出すべきではないのか、アメリカインディアンに感謝するべきなのではないのか。スクワントの、アガペーの愛を、おもいだすべきではないのか。

飽食のアメリカの、際限のない 〝食"への欲望をみながら、ひとしきり、むなしい気がしました。





スポンサーサイト

雨にぬれただけで

ランタンフェスティバル。ボタニカルガーデンで。
女の子たちを連れて出かけた。でも、アクロバットショーをみて,いよいよランタンにあかりが灯るとまもなく降り出した雨。


濡れたからだは,雨宿りしたレストランですぐにひえはじめる。髪の毛から,しずくが落ちる。若い私の娘たちは,最初はおもしろがっていたが,そのうち肌に鳥肌が立った。止むのをしばらく待ってみたが,むしろひどくなる気配。

あきらめて帰る道,ほとんど前が見えなくなる土砂ぶりで,きもが冷え切った。

人はなんと弱いものか。いつもの楽しい雰囲気が,ただ雨が降るだけで,失われてしまう。

お腹がすけば、たべたいものが食べたいだけすぐに手に入り,みたい映画や,聞きたい音楽も,思った瞬間に手に入る,そんな世界にいきるようになり,忘れかけてしまうことが,自分の限界。
自分には,どうにもならない事がある。
そのとき,私はどうするか。
不都合を恨み苦々しく思うか,それとも不都合にポツンポツンと見え隠れする小さな喜びを,拾ってみるか。

雨を縫って帰り,乾いた服に着がえたとき,気持ちのほっとしたこと!
ホームスイートホーム!!

子供をおとなにさせていくこと

長女が高校を卒業した。
大学も自分で決めた。
私も夫もまったく聞いたことのない、隣のイリノイ州の私学の大学。
でも見学に行って、とても気に入った。

州立の大学なら、授業料も安く行ける。でも、見学に行って、彼女はあまり気に入らなかったのだそうだ。
学生たちがあまり楽しそうではなかったとか。

確かに、彼女の気に入った大学は、明るくてこじんまりして、みんなが親切だったな。
ちょっとお金はかかるけれど、やっぱり自分で納得したところに行ったほうが、彼女のためになると思った。

自分で決めたのだから、自分で最後までやりぬく。そうあるべき。

かなりの金額の授業料と学生寮の費用、およそ75%を奨学金でまかなえた。彼女はとてもがんぱって、成績も良かったからね。
あとの25%のうち、5%は、私たちと彼女の夏のアルバイトでまかなう。そしてあとの20%は彼女自身のローン。

私たちが出すのはわずかだ。

夫は、とても貧乏な家庭に育って、大学、大学院とも奨学金と自分のかせぎで卒業した。全部だしてもらったわたしとは大違い。
私たちの子供たちも、高校後の学費は基本的に自分で責任を持たせたい。そして、これがアメリカの学生たちの主流だと思う。

高校を出たら、一人のおとなとして扱ってあげる。自分で思うようにすることには責任が伴う。

がんばれ!
彼女は今日も、ライフガードの仕事に行った。



Say the Word 2015 by Marc Martel

I have got to see Marc Martel last night. It was awesome !!
His band was awesome, too !! They delivered a powerful, exciting and beautiful music at the Demo in Grove, STL. Too bad that we had only about 50 audience.
When I first heard that he is having a concert at a club/ bar, I thought: “ hey Marc, are you going to throw away your stand in Christ ?” I was worried that he might be going to fall into a same pit where too many talented artists fell in the past.
But after seeing him at the last might show, I am confident that God is leading him: I think Marc is an ambassador to the secular music world.
I always thought singing about God or Church is NOT the only way to praise God. Or it is actually really possible not to praise God with singing a “Christian song”.
Jesus said, not all who say “ Lord, Lord” will enter the kingdom of God.
God, the creator of this world, created this world beatiful. But because of sin, which is being not aligned with God’s original intention, this world is lost. The world lost its beauty. In the world of secular music, there is a tendency to connect being wild, wired and provacative with a cool musician, alcohol and glittering costumes are often associated with rock musicians. A talented musicians are worshipped like a god, given so much attention and be expected to be someone else than the actual him/herself. Many had gone mad, corrupted and ruined their lives and killed themselves.
Last night, Marc came in very normal clothes. There was no over performance but it was exciting. Members’ demeanor were calm and hot at the same time. They were grown men with highly trained musical technique. Impressive. They delivered high qulity music. It was beautiful. It was gougeous. I felt almost the same feeling that I felt when I stand in front of the ocean waves at the Daytona beach.
This is a creation of God.
I worshipped God while listening to Marc’s music.
Clubs and Bars are places for unbelievers. Actually those places are where need salvation: salvation from selfcenteredness, addiction or godlessness. They think they are free but actually they are bound to their perception of freedom which tells them “doing whatever I want to do is free”.
Marc is sent to reach people who think God is only related to Churches. Marc can show how we can be free and have joy in our lives without being drunk or provacative. Rock musicians are created by God. Do not be deceived, God sees your heart not outward apperarance.

Thank you, Marc, for your responding to HIS call and took this important and difficult task. I will continue praying for you.
Marc Martel Crop 2

Marc Martel

I haven’t been posting anything for a long long time. But today, I wanted to write about something that invaded major part of my heart lately.

Marc Martel

You don't know how much it means to me that I found Downhere and Marc Martel last year. It was huge. It was really huge.

Deep in my heart, I have been having a kind of disappointment on overall quality of Christian music (Sorry ! Christian musicians) since I became a serious Christian.

I love God. I am willing to give up earthly things for Him. Or should I say rather I became disliking the earthly things. Even when the quality of music is great, most of Rock or Pop music sing about lies, things that let us down or lead us away from God. I stopped listing to that kind of music because of my conviction.
Mozart Operas, Wagner and the Queen.

Oh Queen!! And Freddie. They are so talented, with their technique, high complexity in their music composition, there is no other rock / pop group can beat them still now in my opinion. (Although I don’t know much about recent music at all) Their sound never gets old. But they were so secular; their behavior was stupid, many of their songs sing what I am not able to agree with. I decided to leave their music behind for my love for God. It was about 25 years ago.

But in my heart, there's been emptiness. My craving for good music did not seem to be satisfied. I have been trying to convince myself: this is a necessary sacrifice. This world is not the heaven. We cannot have everything.

Then one day while I was listening to “Joy FM” a Christian music station in STL, I heard “Freddie” was singing Christian music. (My children know that I cannot continue listing to the station for a long time but the story can wait until next time.) Since I am a very busy full time worker/a mom of three teen agers, I was not able to search for the “Freddie” for a long time. When I found that it was “How Many Kings” by “Downhere” a group from Canada, I think about a year had already been past.

Then I made myself busy finding them out, finding their CDs, buying them, downloading them, and searching them on YouTube. You know what I found on YouTube: yes, the lead vocal of Downhere, Marc Martel was nominated to join the Queen Extravaganza. “Of course”, I thought.

That was the path I have been taking last year.

I wanted to listen to good music dedicated to God. Music to God doesn't necessarily have to be in "Church words". This world is created by Him. When the world is treated in a way that God first intended, worldly things are heavenly things. Instead of decorating worldly things with heavenly ornaments, but rather having heavenly things in the worldly representation: isn’t that what God wants us to do? After all He is the one who decided us to stay in this world for now. And when I heard what Marc Martel said in the interview when he was heading to the whole Queen Extravaganza affair, I knew that Marc also believes that God pulled him out of the “Christian” world to the real world to do HIS work.

I just wanted to share my thoughts with you. Please see the interview. He is a chosen one. As you and I are chosen for a God's special work that only you and I can do. I want to pray for Marc, so that he won't be dragged to God's enemy's side , which happened to Freddie Mercury.

http://www.youtube.com/watch?v=14LBRqU_neY
100 Huntley Streets
プロフィール

satomi

Author:satomi
アメリカ中西部、セントルイスに住んで14年。ここでは、他のソーシャルメディアでは、ちょっと書きにくいこと、書いてみたいと思います。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。